コピー機リースの契約前に気を付けておきたいこと

現在は必要な商品があればシェアするという考え方で、リースサービスやレンタルサービスなどが充実してきています。

かつてであればマンションなどといった高額のものでしかなかったサービスですが、車をはじめとして日常生活で必要な様々なものに至るまでリースやレンタルサービスが行われているのです。オフィスに関してもコピー機についてリースやレンタルサービスが充実しています。現在オフィスの生産性アップにとって欠かせないコピー機は、FAXやスキャナプリンターなどとしても活用できパソコンとつないで非常に多くのことがこなせるようになっているからです。操作性なども向上し、大画面パネルで直感的に誰でもすぐに使えるようになるなるといった面でも機能性がアップしています。

リースとレンタルの違いについて、きちんと把握しておきましょう。自社にとってはどちらのサービスの方が最適なのでしょうか。まずレンタルというのは1日、1か月と言ったそれほど長くない期間の貸し出しを行うサービスのことです。一方でリースの方は3年や5年7年といった長期的にコピー機を借りて日常的に使用していくサービスのことです。長期的な貸出を行った方が月々の支払いなどは安くなる傾向がありますが、契約時にしっかりと毎月支払いが行えるかどうかなどといった審査が行われるということについて気をつけておきましょう。会社の実績や売上記録などがチェックされるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *