枚数の実績から選ぶコピー機のリースについて

紙媒体の書類は会社の重要事項や契約書などを作成するのに使われることが多かったり、今でも事務の書類は紙で発行している会社も少なくありません。

コピー機をリースで使うことにより、運用する費用を節約できる場合が有りますから、これから新たに増やそうと思っている場合や、機種の更新をしなければならなくなった場合には、コピー機のリースを使うようにしましょう。申込方法は提供を行っている企業に対して見積もりを依頼するだけで良いのですが、選ぶ際には毎月の印刷実績から選ぶことが一番です。枚数が多ければ多いほどお得になるのが、トナーや消耗品などの代金が含まれているプランです。これらのプランでは消耗品は何時でも交換を依頼することができたり、トナーの交換に追加料金を取られることがありません。

印刷枚数が多いということはそれだけ消耗品の消耗速度も速いわけですから、サポートの充実しているトナー代や消耗品を自由に交換できるプランにするのが良いでしょう。ごく稀にしか印刷はしない場合には、コピー機のリースの中でも印刷枚数に制限がかかっているプランをチョイスしましょう。必要な時に必要な分だけコピーがとれますので、たまに使うためにおいておく機械としては安く使えます。頼む前には各種運搬手数料やサポート料金の有無なども調べることが大切です。消耗品の交換は無料でも修理は有償というケースもありますので、料金体系についてはコピー機のリースを提供している会社に詳しく聞きましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *