コピー機はレンタルかリースか

オフィスにはコピー機は不可欠です。

とはいえ、購入するとなるとまとまった資金が必要となり、難しいケースもあるでしょう。そこでおすすめなのが、期間と用途を考えてリースかレンタルをすることです。もし、臨時に開設したオフィスで短期間しか使用しないというのであれば、レンタルがおすすめです。月々の使用料金は割高なものの、1日や数日程度から借りることができ、必要なくなればいつでも解約できます。新品だけではなく中古品もラインナップにあり、費用を安く抑えるために新製品は外すといった選択が可能です。また、レンタル時に審査がありません。正式に申し込んで費用を出しさえすれば、「借りたい」と思ったときにすぐに導入できます。

一方、リースは契約者が必要なコピー機を会社が代わりに購入し、月々リース料という形で支払っていく形式です。契約は長期間になるのが普通で、途中で解約することは基本的にできません。オフィスを閉じるなどの理由で解約したいときは、残債を支払ったり違約金を支払ったりする必要がでてきます。リースするメリットは、初期費用や月々の支払い額を抑えられ、契約の内容次第ですがコピー機のメンテナンスが随時受けられる点です。契約期間が終了するごとに新しい機種のコピー機を借りかえるようにすれば、常に多彩な機能を搭載した最新型の機器を使うことができます。レンタルとリースの違いを理解し、オフィスにとって有益となるほうを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *