高性能コピー機ほどリースにメリットがある

オフィス機器の定番なのがコピー機ですが、その機種には様々な種類があり必要最低限の機能を備えたものから、高性能なものまであります。

安価なものであれば家庭用の複合機を使うという方法もありますが、仕事で使う場合にはやはりオフィス専用として販売されているものを導入するのがベターです。このような機種は中古品の場合には5万円程度で手に入れることも可能ですが、新品になってくると10万円以上の出費が必要となりますし高性能機になれば50万円以上というものも存在します。一括して購入するというのは業務として使う場合には減価償却の手続きが必要であるなど何かと煩雑になりがちです。このようなことからコピー機を導入する場合には、リースという方法が使われています。リースはリース会社が、依頼者の求めに応じて使う機器を購入し貸与するというものです。

この場合毎月の料金を支払うだけで導入することができるので、税制上は経費として処分することができます。また高性能になれば導入時に多額の出費となりますが、毎月の料金を支払うだけで良いので一時的な資金流出の増大を防ぐことができます。もちろんデメリットもありますが、メンテナンスも一緒に契約することでコピー機を円滑に使うことができるものです。コピー機の場合には、定期的に消耗品の交換をしなければなりませんし故障するリスクもあります。リースの場合には所有権はリース会社にありますから、故障した場合にも対応してくれるメリットがあります。
コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *