購入するよりも初期費用を抑えられるリースのコピー機

オフィス業務では印刷をする機会も多く、会社の業務で使うコピー機は大半がリースでの導入です。

一般家庭で使う機種とは異なり、業務用となるとそれなりのパフォーマンスの高さがあります。仕事用に業務用コピー機を購入ではなく、リースで使い始めるケースが多いのは、初期コストもその方が低いためです。最低でも業務用を購入するとなると、100万円くらいはかかります。印刷をするためにもオプションをつけることで、さらに費用がかさみますから、経費とはいえ簡単に買うという判断もできません。オフィス業務では印刷をする機会も多く、会社の業務で使うコピー機は大半がリースでの導入です。一般家庭で使う機種とは異なり、業務用となるとそれなりのパフォーマンスの高さがあります。

仕事用に業務用コピー機を購入ではなく、リースで使い始めるケースが多いのは、初期コストもその方が低いためです。最低でも業務用を購入するとなると、100万円くらいはかかります。印刷をする際にもオプションをつけることで、さらに費用がかさみますから、経費とはいえ簡単に買うという判断もできません。潤沢な資産に恵まれているなら良いですが、それでも一時的に大きな出費は負担が大きいです。しかしリースのコピー機ならば、購入とは違い月々の支払いなので、大きな圧迫にはなりません。買うとなるとそれは資産の購入という扱いであり、買ったら減価償却の計算をしなければなりませんが、それもないので会計処理も楽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *