コピー機は買うよりリースがリーズナブル

オフィスの備品で高額なものの一つにコピー機があります。

ファックスやスキャンも事務ワークには必須なので、購入をする方も多いアイテムです。しかし、この業界も日進月歩で、次々に新しいコピー機が出てきます。こうした機器は慣れもありますが、新しいものの方が圧倒的に便利です。毎日使うものなので、作業効率の違いが如実に表れてしまいます。コピー一つでも新製品の方がスピードが期待できるし、仕上がりもきれいです。いくら営業中心で事務ワークをサブ的に考えているとしても、書類作成のクオリティと時間短縮は考えねばならない問題です。他方、コピー機をたびたび買い替えるには減価償却費用が高額になってしまいます。そこでコピー機が必要な場合、リースという手段を検討することをお勧めしたいです。

リースを利用する方が経費面のコスパが高く、経理処理も簡便になります。リースと言っても、最新型の旗手を借りて既定の枚数まで使うことは稀です。その費用はメンテナンスの保守契約を付けた購入費用よりも安くなる場合もあります。リース契約の内容によっては、順次最新機種への入れ替えも視野に入れたものすらあります。最新機種が安く使えて、その後の変更も聞くのであれば、買うことにこだわる必要はありません。ただし、リースは会社ごとにサブスクリプションの枚数が白黒、カラーともに決まっているケースが多いです。自社のコピーの種別や枚数について事前に調査して検討をしてから、契約をする方が得策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *