契約更新時のコピー機におけるリース先選定について

通常、コピー機のリース契約では最初に期間が設けられています。

その期間内は毎月一定額を支払うことで使用することが出来るわけです。その期間が終了したときには、そのまま契約を続けるかあるいは別の業者選定を行うのか、選ぶことになります。同じ業者で依頼し続けることも可能ですし、改めて別の業者と契約を交わすことも可能です。コピー機のリース先を変更せずにそのまま契約を続けることで受けられるメリットとしては、今までと同じ業者ですからあうんの呼吸で対処が可能な点です。細かな話をしなくても今まで通りすればいいという安心感はあります。ただし、同じ業者のままだとコストが高止まりする可能性も否定できません。

一方、コピー機のリース契約先を変更した場合ですが、よりよい条件を提示した業者と契約を交わすことが可能です。契約時に改めて契約を交わし直す必要はありますが、前回の契約での反省点を活かした対応も出来ます。競争を促すことになりますので、単価の引き下げも期待できるポイントです。契約をそのままにするのかあるいは改めて別の業者にするのか、それぞれメリットとデメリットがあります。民間企業の場合には営利を追求しますので単価が高止まりしやすくコストが高くなりそうなものは、排除される可能性も高いです。コストカットを考えていくと別の業者も含めて、改めて選考することの方が望ましい場合もありますから、状況に応じた対応が重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *