コピー機をリース契約する際の費用の目安

一般的なコピー機は、購入するとなると本体価格は100万円から150万円ほどがかかることになるでしょう。

多くの企業や会社でコピー機が導入されていますが、その導入はほとんどがリース契約を結ぶこととなります。その際に気になることとして、コピー機のリースする際にはどれくらいの費用がかかるのかということが挙げられます。コピー機の耐用年数は5年と定められていて、リース期間は最短で3年、最長で6年となります。このようなことから契約の多くは5年から6年を設定するところが多いでしょう。一般的なリース相場は9000円から2万円ほどとなっています。これは本体価格が大きく影響を及ぼすため、販売する業者により料金には当然のことながら違いが見られます。

連続印刷速度が一分間に15から20枚となる安いタイプの場合には月に7000円、25から30枚を印刷することができる通常タイプの場合には9000円から1万円、印刷速度の高いタイプの場合には月に1万3000円ほどが相場となっています。導入する機種の性能により料金が大きく異なるため、契約を結ぶ前にはまず最初に見積もりを出してもらい、適切な金額であるのかをしっかり確認する必要があるでしょう。また本体のリース料金に加えて、保守料金が毎月のランニングコストとしてかかることも覚えておきましょう。コピー機にはカウンターが内蔵されていて、モノクロやカラー、使用枚数カウントされます。カウンター保守料金を支払うことにより、定期的なメンテナンスや故障した際の対応、トナーなどの消耗品交換などのサービスも無料で受けられることが多く見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *