コピー機をリースで導入したほうが良い3つの理由

コピー機をオフィスに導入する場合、リースという方法を選ぶのがお勧めです。

第一の理由としては期間限定のオフィスなど短期での閉鎖が決まっている場合を除き、リースであれば運用コストをある程度予測して平準化させることが出来ますので管理をする上で便利です。イニシャルコストも必要とせず、安定した予算で必要な機能を持ったコピー機を速やかに導入できるというのは大きな魅力になります。第二にはコピー機のメンテナンスを意識しないで済むという点にあります。リースでの導入の場合には所有権は先方にありますので、清浄な使用の範囲で壊れたのであれば修理を依頼するだけで問題の解決が可能です。

保守契約費用や修理費が別途必要になるということはないのが大きな魅力として感じられるでしょう。困ったことがあれば連絡をすればよいという管理方法が出来るのは大きな魅力になります。追加で大きなコストを必要としないメンテナンスが実現できるという意味で魅力的なものです。第三には定期的に最新の機種への変更が可能であるという点にあります。リース契約には4~5年程度の設定を行うのが一般的ですが、これくらいの時間が経過するとコピー機の性能もかなり進化します。リース契約が満了するタイミングで新しい機種に変更するということも可能であるため、常に適切な設備で運用をすることが出来るように考えることが出来るという仕組みとしても、非常に魅力ある契約方式であると考えることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *