コピー機はリース契約がお得

ビジネスの場においてコピー機いわゆる複合機は無くてはならないアイテムです。

しかしながら導入するにはかなり高額商品であることも事実です。これを買い取り導入するには予算的に難しいケースがほとんどではないでしょうか。こうしたケースでは長い目で見た場合は割高ですが、複数回の支払い契約で月割り払いとしてランニングコスト化してしまいましょう。リース契約には48回払い、60回払い、72回払いなど経済的な状況に合わせて支払い回数を指定して契約することができます。こうすることで導入のハードルが高かったコピー機の導入がリース契約を選択することで現実化することができます。

また、設定した支払い回数を終了したあとも継続利用したい場合は、再リース契約することで年額リース料の12分の1程度の金額でコピー機を継続利用することも可能となります。買い取った場合は、減価償却分のみが損金となって全額を経費扱いにはできませんが、リース契約の場合毎月の支払を満額経費として計上することができます。また毎月同じ額の支払いとなりますからランニングコストを把握しやすいメリットがあります。

運転資金に余裕があるならば買い取った方がコストダウンできることは言うまでもありません。しかしながらランニング費用として処理し、さらに経費処理できるならば税金対策としても有効です。今やコピー機は複合機の時代です。ぜひコピーばかりでなくスキャナーやFaxの機能も有効活用したいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *