コピー機のリースはさまざまなメリットがあります

オフィスの機器の中で毎日頻繁に使用するのがコピー機で、導入する方法としてはリースやレンタル、購入という方法があります。

それぞれの企業での事情で決めていますが、さまざまな要素を考えると主流はリース契約で使用している企業が圧倒的です。リースするメリットはとても多く、やはり一番は最新の機種を利用できるというところです。コピー機もスピードや印刷技術は日進月歩でまだまだ進化しており、基本は新規機種が対象になっていますし、月額に必要な費用は一括で購入するよりも圧倒的に抑えた費用で使用する事が可能です。印刷枚数に応じた料金が毎月請求されることになりますが、基本的には契約の際にこれらのカウンター保守契約がセットになっていますので経営的にも必要な費用計画が組みやすいです。

購入する場合は資産計上処理となりますので、毎月減価償却処理が必要になってきますが、コピー機のリース契約にすると全額経費処理とすることが出来ますので煩雑な処理が完結となります。同じ機種を数年使用していますと当然劣化が発生してきて性能が落ちてきますので、そんな場合には合法的に新しい機種に乗り換えることが可能です。コピー機は毎日頻繁に使用する機器ですので間違いなく劣化することを考えると、費用を抑えながらも新しい性能の機器を使用できるリース契約は主流になっていくのは当然です。保守契約も一括契約となると割安で受けることが出来るのもメリットの一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *